Junishi: The Twelve Animal Signs of the Oriental Zodiac

十二支

日本では60年を1周期とする、特有の年の数え方をしました。この概念は6世紀に中国から日本へ伝わりました。 60という数字は5組の要素と12の異なる動物の組み合わせからなります。 5組の要素は10個のサインが2つ1組になってできています。 これらの10個のサインは甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)です。 12の動物は子(鼠)、丑(牛)、寅(虎)、卯(兎)、辰(竜)、巳(蛇)、午(馬)、未(羊)、申(猿)、酉(鳥)、戌(犬)、亥(猪)です。 60の時間の分割は羅針盤の方位や、時刻、日付、月を表すのにも使われましたが、今日は年を示す場合や占いの際に方位を表す場合のみ使われます。
Each year in Japan was once considered to be a unique segment inside a 60-year cycle. This concept was introduced to Japan from China in the sixth century. The number 60 comes from the product of 5 pairs of elements and 12 different animals. The 5 pairs of elements are the combination of 2 signs out of the 10 following signs. These 10 signs are Ko, Otsu, Hei, Tei, Bo, Ki, Ko, Shin, Jin, Ki. The twelve animals are Ne (Rat), Ushi (Ox), Tora (Tiger), U (Rabbit), Tatsu (Dragon), Mi (Snake), Uma (Horse), Hitsuji (Sheep), Saru (Monkey), Tori (Chicken), Inu (Dog), and I (Wild Boar). The 60 divisions of time were also used to divide the compass for directions, and to indicate the time of day, days, and months, but nowadays they are only used to indicate years and fortune telling directions.

これらの12の動物の組み合わせは十二支、または干支と呼ばれ、その周期は12年ごとに繰り返され、順番が変わることはありません。その年と同じ動物の年に生まれた人々を年男(男性)、年女(女性)と呼びます。 生まれ年によって相手の年齢が推察できます。 人々が最も十二支を話題にする時は新年を迎える時です。 多くの人は年賀状にその年の動物の絵を使ったり、新年を迎える際にその年の動物の人形や絵を家に飾ります。 いたるところでその年の干支をさまざまな形で目にします。
The combination of these twelve animals are called Junishi, or Eto (the twelve signs of the oriental zodiac) whose cycle repeats every twelve years and does not change sequence. We can guess a person’s age through his or her animal. People born in a year of the animal that is being observed are called Toshi-otoko (for men) and Toshi-onna (for women). People talk about Junishi most when a new year comes. Pictures of the animal of the year are often used for their New Year cards, and dolls or pictures decorate houses on New Year’s Day. Various representations of the animal of the year are seen in many places.

中国発祥の十二支がシルクロードを通って、アジア諸国、ロシア、ブルガリア、アラブ諸国にまでに伝わりましたが、動物の組み合わせは国によって少し異なります。日本以外の国では十二支の最後は猪ではなく豚です。 ベトナムでは牛が水牛、羊が山羊、兎が猫になっています。 タイ、チベット、ベラルーシュは兎の代わりに猫になっています。 インドでは酉は鶏ではなく、ガルダと呼ばれるヒンズー教と仏教の神話に登場する金色の神鳥です。 カザフスタンやモンゴルでは虎が豹に変わる場合があります。
Through the Silk Road, the concept of Junishi was introduced to many countries such as Asian countries, Russia, Bulgaria and Arab states, but some of them assign different animals. All the countries except Japan place the Pig at the end of the Junishi instead of the Wild Boar. In Vietnam, the Water Buffalo replaces the Cow, the Goat replaces the Sheep, and the Cat replaces the Rabbit. In Thailand, Tibet and Belarus, the Cat replaces the Rabbit. In India, the Chicken is substituted by the Garuda, a sacred golden bird in both Hindu and Buddhist mythology. In Kazakhstan and Mongolia, the Tiger is sometimes changed into the Leopard.

60年周期を達成する、つまり60歳の時に還暦と呼ばれる長寿のお祝いをします。 60年周期の後、再び始まるという発想から、赤ちゃんが着るような赤いちゃんちゃんこと帽子を贈る伝統があります。 しかし、近年では寿命も伸び、60歳で年寄りとは言えなくなってきました。 それ故に、年寄り扱いを敬遠して、還暦のお祝いはあまりしなくなっています。
After a person has gone through the entire 60-year cycle, at the age of 60, he or she has a celebration of longevity called Kanreki. Because of the idea of making a fresh start after a 60-year cycle, a red vest and a red hat similar to what a baby wears are traditionally given to the person celebrating his or her 60th birthday. However, as the life expectancy has recently become longer, 60-year old people are no longer considered to be elderly. Therefore, people dislike treating 60-year old people as elderly, and 60-year old people dislike being treated as elderly, so the celebration of Kanreki has been passing gradually.

人々は自分の生まれた年の動物の性格に似ると言われています。 私は猪年で性格も体形も似ていると家族に言われます。 確かに私は行動力があり、頑固で、ダイエットの必要もあります。 私の守護神である猪の肉は決して口にしません。
It is said that people share character traits with the animal of the year they were born. I was born in the year of the Wild Boar, so my family told me that both of my character and figure are similar to the Wild Boar. Indeed, I am an active and obstinate person and need to lose weight. I never eat the meat of the Wild Boar, my guardian animal.

<子 Ne, Rat>

◆【長所】 愛想が良く、気配りができ、清潔です。
【Good Point】 The Rat is an amiable, considerate, and clean person.

◆【短所】 欲深い面もあり、色事で失敗することもあります。
【Bad Point】 The Rat can be greedy and sometimes tends to fail in its life because of love affairs.

<丑 Ushi, Ox>

◆【長所】 真面目で、忍耐強く、働き者です。
【Good Point】 The Ox is earnest, patient, and a hard worker.

◆【短所】 時々強情になり、口下手な人もいます。
【Bad Point】 The Ox is sometimes stubborn, and can be a poor talker.

<寅 Tora, Tiger>

◆【長所】 大胆で思慮深く、慈悲の心があります。
【Good Point】 The Tiger is courageous, thoughtful, and charitable.

◆【短所】 ときおり自信過剰で、我儘なところが少しあります。
【Bad Point】 The Tiger is occasionally overconfident and can be a little selfish.

<卯 U, Rabbit>

◆【長所】 情にもろく、愛嬌があり、才覚があります。
【Good Point】 The Rabbit has a tender heart, and is charming and witty.

◆【短所】 時に根気が無くなることもあり、男女間のトラブルがあるかもしれません。
【Bad Point】 The Rabbit is sometimes thought of as impatient and may have some trouble with its love life.

<辰 Tatsu, Dragon>

◆【長所】 自尊心が強く、機敏で、一途です。
【Good Point】 The Dragon is proud, quick, and sincere.

◆【短所】 愛想があまり良くなく、短気な人もいます。
【Bad Point】 The Dragon is sometimes said to be unsociable, and can be short-tempered.

<巳 Mi, Snake>

◆【長所】 思慮分別があり、冷静沈着で、金運があります。
【Good Point】 The Snake is deliberate, cool-headed, and has luck with money.

◆【短所】 やや猜疑心が強く、嫉妬深い面があります。
【Bad Point】 The Snake can tend to be a little suspicious and jealous.

<午 Uma, Horse>

◆【長所】 陽気で、人気者、そして面倒見が良い人です。
【Good Point】 The Horse is a merry, popular, and obliging person.

◆【短所】 軽率な面が時にあり、やや短絡的かもしれません。
【Bad Point】 The Horse is sometimes considered thoughtless, and may be a little simple.

<未 Hitsuji, Sheep>

◆【長所】 温和で親切、慈悲心に富んだ人です。
【Good Point】 The Sheep is gentle, kind and merciful.

◆【短所】 少し臆病で、マイナス思考になる傾向にあります。
【Bad Point】 The Sheep can be a little timid and tends to be negative.

<申 Saru, Monkey>

◆【長所】 器用で利口、そして財運があります。
【Good Point】 The Monkey is dexterous, clever, and fortunate with money.

◆【短所】 時々飽きっぽく、時に意地悪なところがあるでしょう。
【Bad Point】 The Monkey sometimes loses interest in things and is a little mean at times.

<酉 Tori, Chicken>

◆【長所】 賢明で世渡り上手、弁舌が立ちます。
【Good Point】 The Chicken is sensible, worldly-wise, and has the gift of the gab.

◆【短所】 移り気なところがあり、多忙なわりに結実しないこともあります。
【Bad Point】 The Chicken can be changeable, and on occasions has difficulty bearing the fruits of its labor though it is very busy.

<戌 Inu, Dog>

◆【長所】 義理堅く、正直で、勤勉です。
【Good Point】 The Dog has a strong sense of duty, is honest and industrious.

◆【短所】 偏屈なところもあり、時々くよくよします。
【Bad Point】 The Dog can be eccentric and sometimes worries too much.

<亥 Inoshishi, Wild Boar>

◆【長所】 潔白で、決断力があり、侠気があります。
【Good Point】 The Wild Boar is an innocent, decisive, and chivalrous person.

◆【短所】 短気で、頑固者が多いとされています。
【Bad Point】 The Wild Boar is thought of as being irritable and obstinate.

干支早見表
The Chart of the Twelve Animal Signs

1920 大正
7年
Saru さる Monkey
1921 大正
8年
Tori とり Chicken
1922 大正
9年
Inu いぬ Dog
1923 大正
10年
Inoshishi いのしし Wild Boar
1924 大正
11年
Ne
(Nezumi)
ねずみ Rat
1925 大正
12年
Ushi うし Ox
1926 昭和
元年
Tora とら Tiger
1927 昭和
2年
U
(Usagi)
うさぎ Rabbit
1928 昭和
3年
Tatsu たつ Dragon
1929 昭和
4年
Mi
(Hebi)
へび Snake
1930 昭和
5年
Uma うま Horse
1931 昭和
6年
Hitsuji ひつじ Sheep
1932 昭和
7年
Saru さる Monkey
1933 昭和
8年
Tori とり Chicken
1934 昭和
9年
Inu いぬ Dog
1935 昭和
10年
Inoshishi いのしし Wild Boar
1936 昭和
11年
Ne
(Nezumi)
ねずみ Rat
1937 昭和
12年
Ushi うし Ox
1938 昭和
13年
Tora とら Tiger
1939 昭和
14年
U
(Usagi)
うさぎ Rabbit
1940 昭和
15年
Tatsu たつ Dragon
1941 昭和
16年
Mi
(Hebi)
へび Snake
1942 昭和
17年
Uma うま Horse
1943 昭和
18年
Hitsuji ひつじ Sheep
1944 昭和
19年
Saru さる Monkey
1945 昭和
20年
Tori とり Chicken
1946 昭和
21年
Inu いぬ Dog
1947 昭和
22年
Inoshishi いのしし Wild Boar
1948 昭和
23年
Ne
(Nezumi)
ねずみ Rat
1949 昭和
24年
Ushi うし Ox
1950 昭和
25年
Tora とら Tiger
1951 昭和
26年
U
(Usagi)
うさぎ Rabbit
1952 昭和
27年
Tatsu たつ Dragon
1953 昭和
28年
Mi
(Hebi)
へび Snake
1954 昭和
29年
Uma うま Horse
1955 昭和
30年
Hitsuji ひつじ Sheep
1956 昭和
31年
Saru さる Monkey
1957 昭和
32年
Tori とり Chicken
1958 昭和
33年
Inu いぬ Dog
1959 昭和
34年
Inoshishi いのしし Wild Boar
1960 昭和
35年
Ne
(Nezumi)
ねずみ Rat
1961 昭和
36年
Ushi うし Ox
1962 昭和
37年
Tora とら Tiger
1963 昭和
38年
U
(Usagi)
うさぎ Rabbit
1964 昭和
39年
Tatsu たつ Dragon
1965 昭和
40年
Mi
(Hebi)
へび Snake
1966 昭和
41年
Uma うま Horse
1967 昭和
42年
Hitsuji ひつじ Sheep
1968 昭和
43年
Saru さる Monkey
1969 昭和
44年
Tori とり Chicken
1970 昭和
45年
Inu いぬ Dog
1971 昭和
46年
Inoshishi いのしし Wild Boar
1972 昭和
47年
Ne
(Nezumi)
ねずみ Rat
1973 昭和
48年
Ushi うし Ox
1974 昭和
49年
Tora とら Tiger
1975 昭和
50年
U
(Usagi)
うさぎ Rabbit
1976 昭和
51年
Tatsu たつ Dragon
1977 昭和
52年
Mi
(Hebi)
へび Snake
1978 昭和
53年
Uma うま Horse
1979 昭和
54年
Hitsuji ひつじ Sheep
1980 昭和
55年
Saru さる Monkey
1981 昭和
56年
Tori とり Chicken
1982 昭和
57年
Inu いぬ Dog
1983 昭和
58年
Inoshishi いのしし Wild Boar
1984 昭和
59年
Ne
(Nezumi)
ねずみ Rat
1985 昭和
60年
Ushi うし Ox
1986 昭和
61年
Tora とら Tiger
1987 昭和
62年
U
(Usagi)
うさぎ Rabbit
1988 昭和
63年
Tatsu たつ Dragon
1989 平成
元年
Mi
(Hebi)
へび Snake
1990 平成
2年
Uma うま Horse
1991 平成
3年
Hitsuji ひつじ Sheep
1992 平成
4年
Saru さる Monkey
1993 平成
5年
Tori とり Chicken
1994 平成
6年
Inu いぬ Dog
1995 平成
7年
Inoshishi いのしし Wild Boar
1996 平成
8年
Ne
(Nezumi)
ねずみ Rat
1997 平成
9年
Ushi うし Ox
1998 平成
10年
Tora とら Tiger
1999 平成
11年
U
(Usagi)
うさぎ Rabbit
2000 平成
12年
Tatsu たつ Dragon
2001 平成
13年
Mi
(Hebi)
へび Snake
2002 平成
14年
Uma うま Horse
2003 平成
15年
Hitsuji ひつじ Sheep
2004 平成
16年
Saru さる Monkey
2005 平成
17年
Tori とり Chicken
2006 平成
18年
Inu いぬ Dog
2007 平成
19年
Inoshishi いのしし Wild Boar
2008 平成
20年
Ne
(Nezumi)
ねずみ Rat
2009 平成
21年
Ushi うし Ox
2010 平成
22年
Tora とら Tiger
2011 平成
23年
U
(Usagi)
うさぎ Rabbit
2012 平成
24年
Tatsu たつ Dragon
2013 平成
25年
Mi
(Hebi)
へび Snake
2014 平成
26年
Uma うま Horse
2015 平成
27年
Hitsuji ひつじ Sheep
2016 平成
28年
Saru さる Monkey
2017 平成
29年
Tori とり Chicken
2018 平成
30年
Inu いぬ Dog
2019 Inoshishi いのしし Wild Boar
2020 Ne
(Nezumi)
ねずみ Rat
2021 Ushi うし Ox
2022 Tora とら Tiger
2023 U
(Usagi)
うさぎ Rabbit
2024 Tatsu たつ Dragon
2025 Mi
(Hebi)
へび Snake
2026 Uma うま Horse
2027 Hitsuji ひつじ Sheep
2028 Saru さる Monkey
2029 Tori とり Chicken
2030 Inu いぬ Dog
2031 Inoshishi いのしし Wild Boar

 

 

 

 

 

Shichi-fukujin: The Seven Lucky Deities

七福神

これらの七体の神の像、人形、絵などを日本で目にしたことがありますか。室町時代(1392-1573)より多くの人々が信仰してきた七福神と呼ばれる七柱の神様です。これらの神々は仏教、神道、道教の中の、インド、中国、日本の神々を合わせたものです。7人の神々の名前は、恵比須、大黒天、布袋、弁財天、毘沙門天、福禄寿、そして寿老人です。それぞれは様々な徳を表わします。(詳細は後述しています。)

Have you ever seen these seven deities or one of them in various representations such as statues, dolls or pictures in Japan? They are Shichi-fukujin; the Seven Lucky Deities or the Seven Deities of Fortune, which many people have worshiped since the Muromachi period (1392-1573). These deities are a combination of Indian, Chinese and Japanese deities originating from Buddhist, Shinto and Taoist religions. They are named Ebisu, Daikokuten, Hotei, Benzaiten, Bishamonten, Fukurokuju and Jurojin. Each deity represents a different virtue. (Details are described below.)

福禄寿と寿老人はともに長寿の神なので、同じ神とみなす人もいるので、福禄寿の代わりに美の女神の吉祥天が加えられます。または弁天の代わりに加えられることもあります。またはお多福や達磨を加えて八福神とすることもあります。

Since Fukurokuju and Jurojin are both considered to be deities of longevity, some think of them as one and the same deity. Otafuku or Daruma is sometimes added to the Seven Lucky Deities and in this case, they are called Hachi-fukujin (the Eight Lucky Deities).

日本各地に、七福神巡りの名所があります。七福神巡りとはそれぞれの神様を祀る合計7カ所(まれに8~10カ所)の神社や寺を半日から2、3日で巡り、福を求めてお参りをして御朱印を授かります。七福神巡りはところによっては通年行われますが、元旦から1月15日までに行うともっとも御利益があるとされています。

There are various famous Shichi-fukujin-meguri routes all around Japan. The Shichi-fukujin-meguri is a pilgrimage of half a day or a few days to visit seven (occasionally from 8 to 10) shrines or temples, where each deity is worshiped, praying for good luck and collecting Goshuin (a sacred vermilion temple or shrine seal). Generally, it is said that prayers of the Shichi-fukujin-meguri from January 1st to 15th are the most likely to be answered, though the Shichi-fukujin-meguri is held all year round in some shrines and temples.

七福神は宝船と呼ばれる縁起の良い船に乗っていることがよくあります。民間伝承によると正月に枕の下にこの宝船の絵をひいて寝ると、縁起のよい初夢を見ると言われています。

Shichi-fukujin are often represented aboard a ship, called Takara-bune (the treasure ship). According to folklore, this ship will make your first dream of the year auspicious, if you sleep with its picture under your pillow on New Year’s Day.

<恵比須 Ebisu>

恵比寿は七福神の中で唯一日本由来の神様で、商売に幸運をもたらすと信じられています。右手に大きな鯛、左手に釣り竿を持っているので、漁業の神様としても信仰されています。隠しだてしないで正直に話す力、率直の徳の象徴でもあります。恵比須の幸せそうな笑顔は「えびす顔」として有名で、人々に愛されています。

Among Shichi-fukujin, Ebisu is the only deity who has his origin in Japan, and he is believed to bring good fortune to business. He is represented holding a fishing rod in his right hand and a big sea bream in his left; therefore, he is also worshiped as the patron of fishermen. In addition, he represents candor; the ability to speak openly and honestly. His happy smiling face is widely recognized and loved as “Ebisu-gao” (Ebisu’s smiling face).

<大黒天 Daikokuten>

大黒天は家庭に幸せや富をもたらすと信じられているので、大変人気のある神の一つです。打出の小槌と宝物の入った大きな袋を背負っています。インドのヒンズー教のシヴァの神が密教に取り入れられ、最澄(18世紀の日本の僧で天台宗の開祖)が日本に伝えました。

Daikokuten is one of the most popular gods because he is believed to bring fortune or wealth to a household. He has an uchide-no-kozuchi (a magic mallet) and carries a big bag full of treasure on his back. His origin was as Shiva in Hinduism, and later he was incorporated into esoteric Buddhism and was introduced into Japan by Saicho (a Japanese Buddhist monk in the 18th century, a founder of the Tendai sect).

<布袋 Hotei>

布袋は中国の唐(688-907)で実存したとされる禅僧です。お腹がまん丸に出て、名前の由来となった大きな袋を持った陽気な神様です。彼は寛大の神様で、人の運命や天気を予知します。

Hotei is supposed to have existed as a Zen priest in Tang China (688-907). He is a jolly deity with a very rotund stomach and carries a big cloth sack after which he was named. He is the deity of generosity and can predict one’s fortune and the weather.

<弁財天 Benzaiten>

弁財天の発祥はインドのヒンズー教の河神(かしん)です。琵琶を持つ、音楽の女神です。雄弁、優美、優しさを擬人化したものでもあります。

Benzaiten originated from the Hindu goddess of rivers in India. She carries a lute (a small harp); she is the goddess of music. She also personifies eloquence, grace and kindness.

<毘沙門天 Bishamonten>

毘沙門天は鎧甲を身に付けた武神ですが、その起源はインド神話の財宝の神でした。インドから中央アジアを経て中国に伝来する過程で闘いの神になりました。四天王の一人で多聞天とも呼ばれ、北方の守護神です。荒々しい姿をしていますが、特に貧しい人々を助け、品位にあふれています。

Bishamonten is a warrior deity, wearing armor and a helmet, however, he originated from a deity of fortune in Indian mythology. Brought from India to China by way of Central Asia, some characteristics were added to him and he became a patron of battles and wars. He is one of Shi-tenno (the Four Heavenly Kings), he is also called Tamonten, and is a guardian of the northern direction. Despite his rough appearance, he is full of dignity, and is especially kind to the poor.

<福禄寿 Fukurokuju>

禄寿は福禄人とも呼ばれ、長寿と人望の神様です。中国の道教で理想とされる幸福、俸禄、長寿の三星を神格化した神です。頭が長く、杖をつき、白鶴を従えています。

Fukurokuju, also called Fukurokujin, is a deity of longevity and popularity. He is enshrined as a deity of three stars of Taoist beliefs in China; happiness, remuneration and longevity. He has an elongated head, walks with a cane and is accompanied by a white crane.

<寿老人 Jurojin>

寿老人は福禄寿と共通点が多く、たとえば長寿の象徴の道教の神で、頭が長く、杖をついています。それ故に、二人は混同されたり、同一の神様と考えられることもあります。彼は酒を好み、鹿を連れています。

Jurojin and Fukurokuju have a lot in common such as being deities of Taoism in China, the symbol of longevity, a tall head and a cane. Therefore, the two are sometimes confused or are identified to be the same deity. He likes alcohol and is represented leading a deer.

<吉祥天 Kichijoten>

毘沙門天の妻である吉祥天は容姿端麗の女神で、宝冠をかぶり天衣を着て、手には如意玉を持っています。多くの人々に福徳を与えます。元々はヒンドゥー教の女神で、仏教に取り入れられた後に日本に伝わりました。

Kichijoten, Bishamonten’s wife, is an attractive deity in a jeweled crown and a heavenly garment and with a nyoi-dama (a magic wish-fulfilling gem). She brings happiness and virtue to a lot of people. Kichijoten, who was originally a goddess of Hinduism, was imported into Japan after she was introduced into Buddhism.

 

 

 

 

Kamaboko: Baked Ground Fish on a Board

蒲鉾

日本人は魚が大好きです。他の国の人々より遥かに多くの魚を食べます。それゆえにさまざまな調理法があります。焼き魚一つとっても塩焼き、照り焼き、味噌漬け、干物などがあります。寿司、刺身、魚の天ぷらが大好きですし、冬には家族や気の合う友達と魚の鍋を囲んで楽しみます。魚肉ソーセージは手軽な子供のおやつであり、大人にはお酒のおつまみにもなります。しかしながら、このブログでは蒲鉾に焦点を合わせます。

Japanese love fish. We eat much more fish than people in other countries. Therefore, we eat fish in various recipes. Even grilled fish (or broiled fish) has many variations such as shio-yaki (grilled fish with salt), teri-yaki (grilled fish marinated or glazed with teriyaki sauce), miso-zuke (grilled fish marinated with miso) and himono (dried fish). We love sushi, sashimi and fish tempura, and in winter we enjoy fish nabe-mono (hot pot dishes). Fish sausage is a ready-to-eat snack for children and for adults it also goes well with alcohol. In this blog, however, the focus is on kamaboko.

広義では蒲鉾はほとんど全ての魚の練り物を調理したものを意味します。例えば、魚のすり身を揚げた薩摩揚げ、蒸した竹輪やはんぺんなどです。見た目も食感も蟹に似ている蒲鉾、蟹かまぼこ、またはカニカマもあります。しかし、厳密に言えば蒲鉾とは小さな木の板に載せた魚のすり身を蒸したり、焼いたりしたものです。この板は魚のすり身から出る余分な水分を吸い、蒲鉾の保存性が高くなります。蒲鉾には白身魚のみ使用されます。まず、魚を洗い、血と脂が取り除きます。そしてすりつぶしたものに、卵白、砂糖、味醂、塩などを加えます。最後にこれをよく混ぜて、通常は小さな木の板に半円状に盛り、蒸すか焼きます。

Basically, kamaboko includes almost all cooked neri-mono (fish paste or ground fish). For example, there are fried ground fish, satsuma-age, and boiled, chikuwa (boiled or grilled ground fish in a bamboo-like shape) and hampen (fluffy boiled mixture of ground fish and yam). Kani-kamaboko, or kani-kama for short, is similar to the leg flesh of snow crab in appearance and texture. To be precise, however, kamaboko is steamed or baked ground fish on a small wooden board. This board soaks up excess water from the ground fish, and enables kamaboko to last longer. This kamaboko is made only from whitefish. First, fish is washed and the blood and fat are removed. Afterwards, it is ground up and mixed with egg white, sugar, sweet sake and salt. Then, this mixture is generally spread in semicircle on a small wooden board and is steamed or baked.

日本には地方によってさまざまな蒲鉾があります。たとえば関西地方では蒸した後、少し焼いた薄い蒲鉾の人気があります。富山県の細工蒲鉾は鯛、富士山、宝船、亀など縁起物を型取り、お祝い事には欠かせません。 富山では巻き蒲鉾も人気があります。また、宮城県の仙台市発祥の笹かまぼこは、笹の葉の形をしていて、板がついていません。

There are various kinds of kamaboko from region to region in Japan. For example, a thin kamaboko, which is steamed and afterwards lightly baked, is popular in the Kansai area. Saiku-kamaboko in Toyama Prefecture in the shape of good-luck items such as a tai (a sea bream), Mt. Fuji, a takara-bune (a treasure ship), or a turtle are indispensable for celebrations. In Toyama Prefecture, maki-kamaboko, rolled kamaboko, is also very popular. Moreover, sasa-kamaboko originated in Sendai City, Miyagi Prefecture is shaped like a bamboo leaf, and doesn’t have a board.

昔の蒲鉾は今日のものとは異なった形をしていました。蒲鉾は、竹輪のことを意味していました。竹輪の形が蒲(がま)の穂に似ていたので、蒲鉾と呼ばれるようになりました。蒲鉾の最も古い記録は永久3年(1115)に書かれたものです。その後、長年をかけ日本人は小さな板に魚のすり身を載せて、蒸すか焼く現代の蒲鉾の形を完成させました。しかし、白身魚は当時高価で、庶民がしばしば蒲鉾を口にすることはできませんでした。それゆえに、鯛や宝船などの形をした特別の蒲鉾を婚礼のお祝いのために作りました。しかし、後に白身魚が以前ほど高価でなくなり、全ての人が日常生活で蒲鉾を食べ始めました。今日、蒲鉾はスーパーマーケットで安価で売られています。

In the old days, kamaboko was not what it is now. Kamaboko meant Chikuwa. That’s because Chikuwa’s shape looked like the ear of gama (a bulrush or a cat tail), cattail. Kamaboko dates back to 1115 (Eikyu 3rd yr), according to the old record.  Long afterwards, Japanese invented how to make the kamaboko of today, putting ground fish on a small wooden board and steaming or baking it. In those days, however, whitefish was expensive, so people couldn’t afford to eat kamaboko often. Therefore, people sent special kamaboko in the shape of red fish, tai (a sea bream), and a ship filled with treasure, for the congratulations of marriage. However, after whitefish became less expensive, everyone began to eat kamaboko in daily life. Today, people can buy kamaboko at a low price in the supermarket.

かまぼこを最も目にする機会は、薄く切ったものが蕎麦やうどんの上に載っている状態です。かまぼこの晴れ舞台はなんといってもおせち料理です。日本人はお正月におせち料理と呼ばれる、重箱に入ったさまざまなご馳走を食べます。かまぼこはその中の主役ではありませんが、欠かせない一品であることは間違いありません。紅白のかまぼこや、縁起物の松竹梅や干支の絵柄のかまぼこが、おせち料理を華やかに彩ります。

The most common situation in which we see kamaboko is a slice of kamaboko on soba (buckwheat noodles) or udon (wheat noodles) in a bowl of hot soup. After all, the grand stage for kamaboko is Osechi-ryori. During O-shogatsu, New Year Days, Japanese traditionally eat Osechi-ryori, special dishes arranged and served in ju-bako (a set of lacquer-ware boxes). Kamaboko doesn’t play the leading role, but there is no doubt that it is essential for Osechi-ryori. Various kamaboko make boxes more colorful including red-white kamaboko and kamaboko with patterns of lucky charms such as Sho-chiku-bai (pine, bamboo and plum trees) or Eto (the twelve signs of the Japanese zodiac) of the year.

かまぼこは飾り切りをし易いので、パーティーにも向いています。包丁でかまぼこに切り込みを入れ、結んだり、折り曲げたりすることにより、美しい花や可愛い生き物を作ることができます。

Kamaboko is easy to cut decoratively so it is also suitable for a party. Beautiful flowers and cute creatures are made by making cuts with a knife and tying or holding them.

近年、蒲鉾などの練り物製品の売り上げは減っています。その原因はさまざまです。日本人の食生活の西洋化、不漁によるタラ、グチ、エソなど原材料の値上げ、長期にわたる不況などがあります。各練り物業者は新製品の開発に力を入れています。

The sales of ground fish products including kamaboko have recently been dropping for various reasons: westernization Japanese eating habits, price increases of material such as tara (cod), guchi (silver croaker) and eso (lizardfish) and a long recession. Each company or shop of ground fish products is giving high priority to the development of new products.

魚料理は日本料理の中で最も伝統的なものですが、魚が好きではない外国の方もいます。 しかし、おそらく蒲鉾を見るだけでは材料が魚だとは気付かないでしょう。ですから、魚が苦手な外国の方が味わうのにぴったりな日本の魚料理ではないでしょうか。

Fish dishes are one of the most traditional Japanese cuisines, but some foreign people don’t like fish. However, probably just looking at kamaboko they don’t think it is made from fish. Therefore, kamaboko is the best food to enable foreigners, who don’t like fish, to taste Japanese fish dishes.