Travel in Penang, Malaysia

マレーシアのペナン旅行記

日本に留学している隣の王さんです。昨年の夏、ポーランド、ベトナム、台湾、中国、日本の学生の多国籍チームでマレーシアのペナンに遊びに行きました。今回の2泊3日の旅行を通して、ペナンで訪れたいくつかの観光地とマレーシア文化についてお話しします。

Hi! My name is Tonari no Wang. Last summer, I teamed up with my international friends from Poland, Vietnam, Taiwan, China and Japan to travel to Penang, Malaysia. Through this 3-day/2-night trip, I am going to introduce you to some places to visit in Penang and some Malaysian culture.

ペナンはマレー半島の北部にあり、クアラルンプールから飛行機に乗るとたった約1時間で到着できる島です。クアラルンプールから電車でも行けるのですが、乗り換えが多く時間がかかるためあまりお薦めしません。エアアジアは安くて、速いので、今回は飛行機で行きました。

Penang is an island located at the northern part of Malaysia. It only takes an hour if you fly from Kuala Lumpur. Even though it is possible to travel by train to Penang, with the time and effort spent on it, it would be better to just take the budget flights of Air Asia which are sometimes cheaper than the train.

【スケジュール】
【Schedule】

1日目:宿泊付近でうろうろ
午後4時頃にペナン到着。ペナンの繁華街までバスかタクシーで行くことができます。その時、私達はUber(アメリカ発の配車サービスアプリ)を利用してタクシーで移動しましたが、現地の人によると、今はGrabcar (マレーシアやシンガポール発の配車サービスアプリ)の方がもっと便利だそうです。ところで、今回の宿泊先はキンバリー通りにあるゲストハウスです。屋台が多く、有名なストリートアートも徒歩圏内にあります。この日、私達のほとんどは夕食後もまだまだ元気でしたので、日本では公開していない映画のレイトショーを見るため近くのデパートに行きました。マレーシアで上映している映画は映画管理委員会に検閲され、例えばキスシーンのようなシーンはカットされるのですが、料金は日本の4分の1なので、映画の1、2秒カットされても気にしてない方にはぜひマレーシアで映画をみてください。

Day 1: Hanging around the guesthouse on Kimberley Street
Our trip in Penang started at 4 p.m. when we reached the airport. You can either take the bus or grab a taxi to the downtown area of Penang. We chose Uber (the taxi allocation service app. originated in the USA) at that time but “Grab Car” (the taxi allocation service app. originated in Malaysia and Singapore) is more convenient now according to the locals. Our guesthouse was located at Kimberley Street. There are a lot of “hawker” stalls around and the famous mural was just a few blocks away. Most of us were quite energetic after dinner on this day so we decided to walk to the nearest cinema to watch the late-night show. Some scenes, especially the kissing scenes, were censored by the Film Censorship Board of Malaysia so it is better to watch it in your home country if you think the missing 1-or-2-second scenes are really important to you! Well, I guess most of you would not mind those details especially when the ticket price is as low as USD $2.50.

2日目:エスケープパーク(野外アスレチックパーク)
この多国籍軍団の中に実は初対面のメンバーもいます。ある旅行の主催者が友人を誘い、その友人は主催者が知らない人を連れて行くというのは、留学生あるあるの話です 。このパークを通して、一緒に汗を流した人とは心の壁を壊し、仲良くなれるということも検証できました。ジップラインのようなアトラクションは日本にも体験できるかもしれないのですが、熱帯雨林に囲まれる環境ではまた別な体験にもなると信じています。

Day 2: Escape Park (the adventure park)
Since it is quite often for the international students around me to invite their own friends to a trip hosted by another person, there are always people who meet each other for the first time on the trip. To overcome the awkwardness in this group, we “flew” around with the help of the zip line, overcame different obstacles and proved the saying “sports make friends” right with the help of this adventurous theme park. This was a special experience in the rain forests, which we didn’t have in similar parks in Japan.

3日目:チュージェッティー(姓周橋)とストリートアート巡り
「ここから遠いのよ!バスとか乗った方がいいよー!」 ゲストハウスからチュージェッティーまで徒歩12分しかない距離なのに、地元のおばさんに歩かないほうがいいアドバイスをもらいました。車で移動するのが基本のマレーシア人にとっては、5分以上歩くと遠いという認識のようです。話を戻して、チュージェッティーは周という苗字の移民が、19世紀より集まって住んでいる木造の水上集落です。周以外にも他の苗字で集まっている集落もあります。チュージェッティーの一部は観光地化されているのですが、このペナンの中国人の遺産はまだ漁村として一般の人が暮らしていて、それを味わうこともできるでしょう。近くには多くのカフェやペナンのもう一つの観光スポットのストリートアートもあり、インスタ映えができる場所が多くあります。 壁で何枚か集合写真を撮り、インスタグラムにアップして私達のペナン旅行は終わりとなりました。その夜、飛行機でクアラルンプールに戻らなければいけなかったので、ブルーマンションなどより歴史的な場所には行けなかったのはちょっと残念でした。しかし、限られている時間と場所で良い思い出ができたのは何よりでした。

Day 3: Chew Jetty and the famous wall paintings
“It’s far from here. It might be better to take the bus!” This is the advice that I received from a Penangite (Penang locals) when I was asking her for directions to the Chew Jetty which actually took us only 12 minutes to reach. I guess any walking distance more than 5 minutes would be considered far for a Malaysian. Chew Jetty, a settlement of wooden houses built on stilts, are houses for migrants from China and have had the family name “Chew” since the 19th century. There are some other settlements where migrants with the other same family name have lived. Parts of the Chew Jetty were commercialized to attract more tourists, but you can still feel the fisherman’s village in this Penang’s Chinese heritage. You can easily find great spots on your Instagram including many cafes and several wall paintings, which are also famous in Penang. After taking several group photos with the murals, we wrapped up our Penang trip by posting them on Instagram. That night, we were to fly back to Kuala Lumpur, so unfortunately, we didn’t have time to visit another historical sight, the Blue Manision. Anyway, we had a great time even with the limited time and the few places we visited.

嗨!我是在日本留学中的“隔壁的小王”。去年的夏天,我和一群在日本认识的留学生去了趟马来西亚的槟城。今天想通过这个三天两夜的旅游来介绍一些关于马来西亚的文化。

槟城是个位于马来半岛北部,离首都吉隆坡只需一个小时飞行时间的小岛。由于吉隆坡国际机场里市中心有段距离,如果你没有打算逛吉隆坡的话,乘搭亚航等廉航可以为你省下时间,金钱和换乘等不必要的麻烦。当然如果你想要体验马来西亚的交通工具,你也可以选择搭4个小时的巴士或4个小时的火车去槟城。

第一天的行程:在旅馆附近闲逛
由于我们是在下午4点左右才抵达槟城而且也没有打算把行程排得很满所以第一天只打算在宿舍附近逛一逛就好。一到槟城,我们用了Uber叫了台车去旅馆。据当地人说,现在在槟城用马来西亚的叫车软件Grab会比较容易叫到车。这一次的住宿选择了一家位于金伯利街(Kimberley Street),步行10分钟左右就可到达槟城著名的壁画和旅游景点的青年旅馆。旅馆附近晚上会有很多小档口卖着各种槟城美食所以住在这一区就不需要烦要去哪里解决晚餐了。

在日本,大部分的外国电影的上映时间会比其他国家迟一些,所以吃完晚饭后我们就去附近的电影院看在日本不知道几时会上映的电影。虽然马来西亚的电影票价只需日本四分之一的票价,但你需要脑补吻戏等镜头,因为这些镜头都会被马来西亚电影审查局视为不适合而被删掉。如果不介意少看这一两秒的场景,在马来西亚看一部有三种语言字幕的电影还挺有趣的!

第二天的行程:在Escape Park消耗热量
在日本,每当我们这群留学生举办些活动时,朋友们都会邀主办人不认识的朋友来参加。这一次的旅行也不例外。为了减少在槟城初次见面的人的距离,我们就去了一个叫Escape Park的户外冒险游乐园。我们用滑索探索了槟城的小热带雨林、也通过Monkey Business彻底考验了我们的平衡力。在这里,大部分的活动都需要大量体力,所以当我们这群运动不足的学生在荡秋千休息的时候,“贴心”的工作人员开始用椰水引诱我们挑战各种马来西亚传统游戏,最后还为了椰子爬了椰树呢!

第三天的行程:姓氏桥和壁画
“离这里挺远的,你们还是搭巴士去吧。”
以上是当我问旅馆附近的阿姨怎么去步行只需12分钟的姓氏桥时所听到的回答。对以车代步的马来西亚人来说,步行超过5分钟的地方都会被归为远,但对我们这群上学至少要走20分钟的人来说,12分钟是绝对难不倒我们的。话说,姓氏桥是当年的华人南下到槟城时,建在海上桥状的小木屋村落。同样的姓氏会住在同一桥所以被名为姓氏桥,当中以姓周桥最大。姓周桥附近有很多壁画,很适合拍一些刷insta的旅行照。

槟城还有其它有趣的地方(The Blue Mansion 等)可以参观但由于时间上的关系也只能作罢。我们的槟城之旅就在狂拍团体照中画上句号。